お菓子はやっぱりNG??ニキビと食べ物って関係あるの?

・揚げ物は食べない
スナック菓子、洋菓子を食べない
チョコレートは特にNG

このようにニキビを治したくて食事制限をしている人は多いのではないでしょうか。それでも中々ニキビが改善せずに悩み続ける人は多いようです。

目次

食事制限だけではニキビは治らない

ニキビを治すための『食事制限』。実はこれだけでニキビは治りません。

『ニキビに良くないから食べない方が良い』と言われる理由は、その食べ物が皮脂量をコントロールするビタミンB2やB6の働きの邪魔をしてしまうと言われているためです。増えた皮脂が毛穴に詰まりニキビになるということです。ニキビ改善のために避けた方が良いとされている食べ物の1つにチョコレートがありますが、実はこれが直接ニキビと関係があるかどうかは医学的にまだ証明されていないそうです。

ニキビの原因には心理的ストレスも関係しますから、『食事制限をしてストレスが溜まるよりも、適量食べて気分良く過ごす方がよっぽど健康的だ』というお医者さんも居るくらいです。実際にニキビで悩む私のお客様にも『お菓子や脂っこい食べ物を我慢しているのにニキビが治らない…。』という方が何人もいらっしゃいました。

ニキビ改善のための『食事』において大切なのは、何を我慢するかよりも何を取り入れるかなのです。

ニキビ改善に効果的な食べ物とは

ニキビ改善のために必要なこと

・皮脂の分泌量を減らす
・毛穴詰まりの解消
・肌の新陳代謝を正常にする
・炎症ニキビのダメージケア
・ニキビ跡改善

この効果を得られる栄養素とその食べ物をご紹介します。

皮脂分泌量を減らすビタミンと食べ物

ビタミンB2
・魚肉ソーセージ ・卵
・生牛レバー ・生豚レバー
・糸引き納豆 ・ひきわり納豆
・ナチュラルパルメザンチーズ
・プロセスチーズ

ビタミンB6
・カツオ刺身
・バナナ ・鮭
・豚ヒレ肉 ・鶏ささみ
(脂の少ない肉類)

毛穴つまりの解消・肌の新陳代謝を正常にする

ビタミンA
・ゆで野菜(ニンジン・ほうれん草)
・うなぎ
・レバー(動物性食品)
・卵

炎症ニキビのダメージケア

ビタミンE
・ひまわり油(ハイリノール・ハイオレイック)
・乾燥アーモンド
・乾燥落花生
・ピーナッツバター
・オリーブ油

ニキビ跡改善

ビタミンC
・緑茶
・焼き海苔
・赤ピーマン
・キウイフルーツ
・アセロラ

ビタミンを上手く摂るコツ

ビタミンB2
ビタミンB2は熱には強いものの、水や煮汁に流れ出てしまいやすいので水洗いのしすぎに注意してください。煮汁はそのまま料理に活用するのがオススメ。光にも弱いので、保存の際は光を遮る容器に入れましょう。

ビタミンB6
ビタミンB6はバナナ1本に含まれる量が比較的に多いのでオススメです。ビタミンB6は冷凍食品や加工食品では減少するので新鮮な状態で食べるようにすると良いですよ!
ちなみに、ビタミンB2・ビタミンB6は一緒に摂るのがオススメです。

ビタミンA
ビタミンAは脂溶性なので炒めものや揚げもの、ドレッシングなど油を使った調理がオススメです。体内のビタミンAが不足するとβ-カロテンなどのプロビタミンAから必要な分だけビタミンAが作られます。ニンジンなどの緑黄色野菜から接客的にβ-カロテンを摂取しましょう!

ビタミンE
こちらもビタミンAと同じ脂溶性のビタミンなので緑黄色野菜を植物油で炒めて食べるのがオススメです!

ビタミンC
ビタミンCといえばまずレモンが思い浮かびますが、実は赤ピーマンやキウイ、ジャガイモの方がビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは水溶性なので水に溶け出しやすい栄養素ですが、ジャガイモの場合はデンプンによって安定しているので栄養が流出しにくいのが魅力です。熱調理にも強く普段の食事から摂りやすい食材です。煮物や汁ものとして調理するのがオススメです。

さいごに

いかがだったでしょうか。

ニキビを根本的に改善する方法として今回はビタミンと食べ物を紹介いたしました。他にも根本的な改善方法としてあげられるのが質の良い睡眠です。特に繰り返す顎ニキビはホルモンバランスが大きく関係しているため、今回紹介した食事方法やニキビ薬だけでは改善されません。

繰り返す顎ニキビにお悩みの人は
【しつこい顎ニキビ改善】効果的な睡眠のコツとはに記載されている方法も合わせて行うと、より効果的ですよ!ぜひ合わせてご覧になってきださいね♪

SNS SHARE
目次
閉じる