脂性肌(オイリー肌)は食事で改善できる?

メイク崩れやベタつき、毛穴トラブルなど様々な不快感をもたらす脂性肌に悩む人は、年齢に関係なく多くいらっしゃるようです。

脂性肌のケアといえば…

・1日2回の洗顔
・オイリー肌専用のスキンケア用品を使ったケア
・脂っこいものを食べない

などがあげられますが、それでもコレといった効果を実感できずに悩み続けている人も多いのではないでしょうか?

もしかすると、毎日の食事が原因かもしれません。『脂っこいものは食べないようにしてるのに?』と思われたそこのあなた、オイリー肌は食事制限だけでは改善できません!オイリー肌改善には、皮脂コントロールができる食べ物を摂ることが大切です。

今回は、オイリー肌改善をしたい人に必ずおさえてほしい【オイリー肌にオススメの食べ物とその食べ方】のご紹介です。

目次

なぜ脂っこい食事は肌をテカらせるの?

『脂っこい食べ物を食べた翌日は肌がすごくテカル』これはオイリー肌でない人でも経験がありますよね。なので『オイリー肌を改善するためには脂っこい食べ物を控えれば良い』ということになりますが、実は食事制限だけをしていても改善には繋がりません。なぜなら脂っこい食べ物を食べた後に出てくる皮脂は、食べた油が肌に滲み出ているわけではなく、『皮脂を抑える働き』が脂っこい食べ物を食べることで衰えてしまうからです。
オイリー肌を改善するためには、食事制限だけでなく皮脂量を抑えてくれる栄養素を取ることが必要になってきます。

皮脂を抑える食事とは

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6

この2つは『皮膚ビタミン』とも呼ばれていて、皮脂の分泌を抑えてくれる働きがありますが、食事で摂った栄養(脂質)をエネルギーに変える際にもこのビタミンが使われます。つまり脂っこいものをたくさん食べた後は、この皮膚ビタミンが大量に消費されていることになるので、普段からビタミンB2・ビタミンB6は積極的に食事に取り入れることが大切となります。

ビタミンB2・ビタミンB6が摂れる食べ物

ビタミンB2

  • 魚肉ソーセージ
  • 生牛レバー
  • 生豚レバー
  • 糸引き、ひきわり納豆
  • プロセスチーズ
  • ナチュラルパルメザンチーズ

ビタミンB6

  • カツオの刺身
  • 豚ヒレ肉
  • 鶏ささみ
  • バナナ

ビタミンB2・ビタミンB6をうまく摂るコツ

ビタミンB2
ビタミンB2は熱には強いものの、水や煮汁に流れ出てしまいやすいので水洗いのしすぎに注意してください。煮汁はそのまま料理に活用するのがオススメ。光にも弱いので、保存の際は光を遮る容器に入れましょう。

ビタミンB6
ビタミンB6はバナナ1本に含まれる量が比較的に多いのでオススメです。ビタミンB6は冷凍食品や加工食品では減少するので新鮮な状態で食べるようにすると良いですよ!
ちなみに、ビタミンB2・ビタミンB6は一緒に摂るのがオススメです。

【過剰摂取に関して】
2つとも水溶性の栄養素なので摂りすぎて余った分は尿と一緒に出ていくので、過剰摂取による体調への影響は現在報告はされていないそうです。

さいごに

いかがだったでしょうか。
スキンケアや食事制限をしているのに中々改善しないオイリー肌に『体質だから…』と諦めている人は、是非この方法を取り入れてみてくださいね!

オイリー肌ケアにはやはりスキンケアの見直しも大切です。
普段から当たり前のように使っている化粧水。実はオイリー肌や毛穴悩みの人にもってこいの化粧水があることをご存知でしたか?『すでに使っているけれど、効果を実感できていない』という人は、使い方に問題があるかもしれません。
【脂性肌・毛穴悩みにオススメの収れん化粧水(引き締め化粧水)とは】では使い方も合わせて記載されているので、ぜひ合わせてご覧いただければと思います!

SNS SHARE
目次
閉じる